第23回放送番組審議会議事録

  1. 開催年月日   平成30年3月19日(月)
  2. 開催場所
    鹿児島県肝属郡肝付町前田3697番地 NPO法人きもつきコミュニティ放送事務所
  3. 委員の出席
    委員の総数   5名
    出席委員数   3名
    出席委員の氏名  篠原宣夫、河野雄三、前田尚子
    欠席委員の氏名  有島恵子、切通芳江
    放送事業者側出席者 渡口旦理事長、玉城斐美
  4. 議題 審議該当番組
    きもつきウィークリーの中で放送された「スペースイッチ」(15分間)
    平成30年3月10日 18:15~18:30 放送分
    「スペーススイッチ」は、昨年8月に発足した「肝付町宇宙協議会」の活動内容を放送している番組です。放送担当は、富永かずえさんです。
  5. 議事の概要
    委員長篠原宣夫が議長を務め、開会を宣言。
    今回の審議該当番組「スペースイッチ」を視聴していただいた後に、番組の内容等について意見交換を行った。また、他の番組やFMラジオに関する意見も出された。
  6. 審議内容
    (1)対象番組についての意見
    ①番組の第一印象は?
    ・番組タイトル「スペースイッチ」の説明があったが、内容がいまいち分りにくかった。(A委員)
    ・番組タイトルの由来についての話も合ったほうが、とっつきやすくなる。(B委員)
    ②番組は聴きやすかった?(放送中のことばがはっきりわかりましたか)
    ・わりと聴きやすかった。(B委員)
    ・いきなり話題が始まる感じがした。唐突な感じ。(C委員)
    ③番組の中味、内容は解りましたか?
    ・今日は○○と○○について話します。みたいな、前ふりがあったほうがいいのでは。(B委員)
    ・話しが右往左往して、何を言いたいのか、要点が定まっていない感じである。(C委員)
    ④その他要望事項等はありませんか
    ・肝付町宇宙協議会自体の発足や経緯なども番組の中に入れた方がいい。(B委員)
    ・肝付町にしかない「宇宙」をPRするために、番組のCMを作っては。(A委員)
    ・ロケットの打ち上げや、関連のイベントなどをもっと発信してほしい。(B委員)
    ・宇宙協議会のPRをして、町民にもっとその存在をしってもらう。(C委員)
    ・これまでのロケット打ち上げ等イベントに参加している「宇宙マニア」の人数からして、固定数が、500人以上はあると思えるので、協議会としては、その人たちへの対応も必要になってくるのでは。(B委員)

    (2)その他の番組等に対する意見
    ・以前放送されていた「星」に関する番組の復活はできないか。(A委員)
    ・取材やゲストを増やし、臨場感のある番組作りをお願いします。(B委員)
    ・番組審議員が実際の放送現場を見て、意見を述べるのも有ではないか。(A委員)
    (放送事業者側からの説明)
    ① 今回放送について
    ・放送内容について、要点が定まっていない点については、事前の打合せを密にすることで改善していきたい。
    ・宇宙に関する話題が多くなっていく場合は、「きもつきウイークリー」から独立させて30分程度の番組にしていきたい。

  7. 審議機関の答申又は、改善意見に対してとった措置及びその年月日
    ① 答申の内容 :なし              (  月  日)
    措置の内容 :なし              (  月  日)
    ② 意見の内容 :番組内容の改善(予定)     ( 4月 14日)
    措置の内容 :番組スタッフと協議・検討中   (  月  日)
  8. 審議機関の答申又は、意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    ① 自社放送 : 平成30年4月14日放送(予定)
    ② 書面の備置き:平成30年3月30日より事務所に備置きしている。
  9. その他の参考事項
    ① 訂正及び取消しを行った放送、視聴者から申し出があった放送内容を取り上げた場合
    なし
    ② 視聴者の苦情などで審議機関に報告を要する場合。
    なし