第2回放送番組審議会議事録

  1. 開催日時: 2006年11月29日
  2. 開催場所: FMきもつきスタジオ(肝付町前田3697番地)
  3. 委員の出席
    • 委員総数  7名
    • 出席委員数 6名
    • 欠席委員数 1名
    • 放送事業者側出席者名 : 渡口旦、福元了、竹之下克明、伊藤ふさ
  4. 議題
    • 訂正及び取り消しを行った放送 及び 放送中止事故について
    • 番組審議「はるみ&かずこの昭和話」 毎週土曜日19時45分〜19時51分(6分間放送)
    • その他の事項
    • これまでの放送全般について
  5. 議題の概要 

    議長の矢神氏の開会宣言の後、理事の竹之下克明から、今回審議対象番組の「はるみ&かずこの昭和話」についての概要説明を受け、第1回(平成18年9月9日放送)と第3回(平成18年9月23日放送)を視聴し、放送内容等について意見交換を行った。 また、これまでの放送の中で、訂正及び取り消しを行った放送並びに、放送中止事故についてそれぞれ概要が説明され、委員の意見を求めた。 さらに、平成18年11月の週間番組表を全委員に見てもらい、これまで放送されたそのほかの番組や、放送形態、番組編成などについて、いろいろな意見が出された。

  6. 審議内容
    • 「はるみ&かずこの昭和話」
      • ・委員から、時間が6分は少し短いのでは、との意見があり、その他の委員からも同様の意見があった。また、放送内容について、昭和の戦前・戦中・戦後の様々な話を伝えることの意義はおおいに評価できるとの意見があり、さらに、まだ他のたくさんのお年寄りに呼びかけて、番組に参加してもらうことも検討すべきとの意見があった。
        
    • その他の事項
      • ・訂正及び取り消しを行った放送について 放送においてはその内容についての事前調査、確認を確実に行うことはもちろんであるが、事実と異なる内容で放送した場合などは、早急に訂正しお詫びの放送を行うことが肝要であるとの意見があった。
      • ・放送中止事故について 全委員から、今回の場合は、落雷であるため止むを得ない状況であるとの意見であった。
          
    • これまでの放送全般について
      • ・まだまだ放送番組のピーアールが足りない。
      • ・人の集まる場所に、番組表を掲載したりして、もっと広報活動を積極的に行う。
      • ・音楽番組では、演歌、唱歌、カラオケ放送なども流してほしい。
      • ・放送を聞ける時間帯に放送がない(ミュージックタイムである)ので、放送時間帯を考えてほしい。
      • ・放送番組のない時間帯(ミュージックタイム)に毎回同じ音楽が流れているので、考慮してほしい。
      • ・子育て支援に関する講演などの情報を早めに放送してほしい。
      • ・放送番組のない時間帯でも、同じ音楽番組より、再放送を入れたほうがベターではないか。
      • ・視聴者の時間帯がいろいろあるので、出来るだけ多くの人が聴けるように配慮してほしい。
      • ・これまでよりはラジオを聴く機会が増えた。